アトピー性皮膚炎とダニの関係性②

先ほどのページでは、アトピーとよくするためには、ダニを除去することが大切であるということ。

 

そのためには、布団やソファーなどを捨てて、増殖しない環境を作ることが大切であると説明しました。

 

今回は、外的なリスクの話ではなく、内的なリスクの話、いわゆる自分の体の内面でアレルギーにならないようにしていくお話をします。

 

それだけを聞くと、ステロイドの薬でも飲みそうな感じがしますが、違います。

 

一言でいえば、ダニのエキスを毎日飲んで、慣れちゃいましょう!ということです。

 

主には、アレルギー性鼻炎を抑えるために利用されるものですが、皮膚炎にも効果がある場合もあるようで、治療を受けている人がいます。

 

実際は、そんなに難しいことではなく、ミティキュアというものを飲むだけなのですが、主にダニを原料とするエキスから作られていて、少量から服用することで体を慣らして、反応症状を和らげるものです。

 

最初の1週間で弱めのものを飲み、2週間目以降に通常のものを飲むというだけです。

 

5歳の息子も飲んでいましたが、最初に飲んだ時に、おいしいと言っていたらしいです(味はわかりませんが)。

 

なので、とても始めやすいことが特徴です。

 

しかし、デメリットもあり、一番大きいデメリットが3年以上飲み続けることが推奨されています。

 

どのタイミングで聞くのかはわかりませんが、最初に効果をかんじられるようになるまで、数か月くらいはかかるそうです。

 

普通に考えて長いですね。あと、効果がない人もいるらしく、ただ毎日飲んだだけという結果も。。。

 

つまりは、これだけではだめで、先ほど書いた方法により、除去していくということも忘れないようにしてください。

 

アトピーの8割がダニによるものと言われていますので、決して侮らずに、かつ効果的にやりたいのであれば、この対策から手を付けるようにしてください。

 

 

 

<前頁(アトピーとダニの関係性①)

 

(アトピーを治す方法1)次頁>

 

      このエントリーをはてなブックマークに追加