膨張剤は体に悪いのか?

物質名 危険度 特性
塩化アンモニウム 少し危険
酒石酸水素カリウム 少し危険
炭酸水素アンモニウム 少し危険
炭酸水素ナトリウム 少し危険
第一リン酸カルシウム 少し危険
ベーキングパウダー 少し危険

 

あらゆる添加物がいろいろな危険性が指摘されているため、これもか!といい感じですが、膨張剤も体には悪影響があり、発がん性があるといわれています。

 

ベーキングパウダーは、皆さんあまり何も考えずに、使っていると思いますが、そのベーキングパウダーが安全だと思っていますか?

 

ベーキングパウダーは、アルミニウムが含まれているものがあります。

 

実は、このアルミニウムが、余計に体に悪影響をもたらします。
このアルミニウムは、WHOで摂取量の基準が決まられており、体重1kgに対して、1mgまでと決められています。

 

どのくらいの摂取量かというと、特に幼児はホットケーキを食べたらアウトというレベルです。

 

さらに、そもそも摂取量が決められているということは、体に悪影響があるということがわかっているからです。

 

よく、他の情報サイトでは、アルミニウムフリーの膨張剤を選んでくださいと書いていますが、率直に思って「どれがアルミニウムフリーかわからない」というのが率直なところでしょうか。

 

ほかの表示と同様、膨張剤としてか書いていないため、何が配合されているかわからず、かつベーキングパウダーと書いていますが、アルミニウムフリーかがわからないという
ことがあるため、食品表示では、問題ない食材かどうかはわからないため、やはり、わからない物は、積極的には食べないのが賢明です。

 

特に、昔から日本にある和菓子のようなせんべいには、ほとんど膨張剤が入っているため、無添加のように見えますが、注意が必要です。

 

 

 

<前頁(食品添加物(酸化防止剤))

 

(食品添加物(着色料))次頁>

 

      このエントリーをはてなブックマークに追加