アトピー性皮膚炎を治す方法3

アトピーを完治させるために、最後にすべき対策は洗剤を変える、またはやめることです。

 

洗剤といえども多岐にわたりますが、大きく洗濯用洗剤、食器洗い用洗剤、シャンプーやリンス、ボディーソープなどがあたります。

 

まずシャンプーやリンス、ボディーソープですが、これらの商品には、身体を洗浄するために必要な添加物が多岐にわたり配合されていますが、主には、香料、着色料、紫外線吸収剤、防腐剤、保存料、界面活性剤が含有されています。

 

界面活性剤は、天然系、石けん系、脂肪酸エステル系、アミノ酸系、高級アルコール系、石油系がありますが、この中で危険なのは、石油系の合成会メイン活性剤です。

 

その合成界面活性剤の中でも特に注意が必要なのが、ラウリル硫酸、ラウレス硫酸などがあげられます。

 

具体的な名前をあげるとラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸カリウム、ラウリル硫酸アンモニウムなどになります。

 

このラウリル硫酸系は、泡立ちがよく、洗浄力に優れているため、シャンプーの中で最も多く利用されています。

 

しかし、逆に脂肪を洗い流す力が強いため、皮膚の弱い人にとっては、皮脂の大半が洗浄されてしまい、うるおいがなくなってしまうというデメリットがあります。
乾燥肌の方は、冬場フケなどが出やすいのもそれが理由です。

 

しかし、それだけではありません。最近では、弱酸性という宣伝のもとで、アミノ酸系のシャンプーも多く出回っているのですが、その中でメチルアラニン系には注意が必要です。理由として、刺激が強いことがあげられているだけでなく、アレルギーを誘発しやすいといわれています。
あた、発がん性なども疑われているために注意が必要です。

 

どちらの成分も、アトピーのような敏感肌には、かなりの刺激とダメージを及ぼすものであり、継続して使い続けると、悪影響があります。

 

食器用洗剤も考え方としては、同じです。注意書きに肌荒れや手荒れの方はゴム手袋を着用ください。というような文言がある場合、かなり危険な界面活性剤が使われています。

 

特に、「アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES)」は注意が必要で、発がん性物質といわれています。
また触媒で使われているジオキサンも毒性が強く生物が死亡する報告例もあります。

 

仮に、天然由来、ヤシ油由来などと記載があっても、毒性は変わりませんので注意してください。

 

特に、食器用洗剤や食洗器用洗剤は、洗い切れていないことが多いのが現状です。

 

最近は無香料のものもおおく、においがないと、取れている錯覚に陥りますが、香りのある洗剤だと、食器をお湯で洗ってだけでは、においが残っていることが多く、洗浄しきれていません。こうなると体内に残留洗剤が入ることになるため、いくら無添加のものを食べていても効果がありません。

 

洗剤は、皆さんが思っているより、危険なものです。そのため、できる限り洗浄力を維持したまま、体に害の少ないものを選ぶのであれば、石鹸系の洗浄剤お使ってください。特に、石鹸でも、添加物の少ないものがおすすめであり、有名な商品でいくと、シャボン玉石鹸です。

 

以下に、各洗剤としゃぼん玉石鹸の成分を比較しております。

 

石鹸と食器用

 

石鹸と洗濯用

 

石鹸とボディーソープ

 

見ていただいたら、お分かりの通り、添加物として記載されているものが少ないため、体への悪影響が少ないだけでなく、値段も手ごろであるため、アトピーを本気で完治させたいと思うのであれば、これを使うようにしてみてください。

 

<前頁(アトピー性皮膚炎を治す方法2)

 

(どのくらいで効果がある?)次頁>

 

 


 


 


 

      このエントリーをはてなブックマークに追加