pH調整剤は体に悪いのか?

物質名 危険度 特性
アジピン酸 少し危険
クエン酸 危険なし
クエン酸三ナトリウム 危険なし
グルコノデルタラクトン やや危険
グルコン酸 やや危険
コハク酸 やや危険
コハク酸一ナトリウム やや危険
コハク酸二ナトリウム やや危険
酢酸ナトリウム やや危険
DL-酒石酸 やや危険
L-酒石酸 やや危険
DL-酒石酸水素カリウム やや危険
L-酒石酸水素カリウム やや危険
炭酸水素ナトリウム やや危険
乳酸 やや危険
ピロリン酸二水素ナトリウム やや危険
リン酸 やや危険
リン酸ナトリウム やや危険
DL-リンゴ酸 やや危険

pH調整剤は、コンビニのおにぎりやサンドイッチ、お弁当などに頻繁に使われる添加物で、保存料の代わりとして使用されます。

 

よく、保存料は使用していませんといううたい文句で商品を販売している会社もありますが、pH調整剤を使っていることも多く、これが体に悪影響を及ぼしています。

 

pHとは、理科で習った方も多いですが、酸性、塩基性という性質のうち、その食品がある程度弱酸性になるように、添加されるもののことです。

 

まず、pH調整剤は、複数種類あり、どの種類の添加物をどの程度混入させているのかわからない点が、非常にリスクとして挙げられます。

 

保存料の場合は、どの物質の添加物かを表示する必要があるのですが、pH調整剤の場合は、先ほども記載した通り、どの物質をどの程度入れているかはわからず、一括してpH調整剤を表記されます。

 

そのため、コンビニのサンドイッチなどは、多量のpH調整剤が混入しているといわれています。

 

とはいえ、当然、身体に影響を及ぼさないものであれば、大丈夫ですが、実際は体に影響を及ぼすものがあります。

 

特に、身体に影響するのが、リン酸塩と呼ばれるもので、カルシウムの吸収を抑える副作用があるとともに、多量に摂取した場合、腸内の善玉菌をも殺してしまう作用があります。

 

結果、便秘になり、毒物が体から出ず、アトピー性皮膚炎が悪化するということにつながってくるわけです。

 

さらに、もう一つ問題なのは、体の細胞を作るうえで必須である亜鉛(アトピー性皮膚炎を改善させるために必要な金属)を体外に排出させる作用があるため、影響が甚大です。

 

最近はリン酸塩が調味料(アミノ酸等)と記載のあるものに含まれることも増えているため、注意が必要です。

 

pH調整剤は他の物質と負けず劣らず、あなたの体を悪くしていることを忘れないでください。

 

 

<前頁(食品添加物(保存料))

 

(食品添加物(乳化剤))次頁>

 

      このエントリーをはてなブックマークに追加