アトピー対策を歌う高額商品の真実

このページをすべて読む前に、断言します。
アトピーを完治させるために、巷で言われている高額な対策商品は不要です!

 

お困りの方には、今までいろんなことを試してきて、うまくいかなくて苦しい思いをしてきた方が非常に多いと思います。

 

巷で言われている治療方法はこんなものでしょうか。

 

・とっても値段のする乳酸菌

・とっても値段のする保湿クリーム

・とっても値段のする化粧水

・整体

・鍼治療    等々

 

上の商品または対策は、一時的には効果はあるかもしれませんが、根本的に体の反応を理解していないので、完治することはありません。

 

したと思っても、またぶり返すというケースでやられることもあります。

 

せっかくなので、一つ一つ説明していきましょう。

 

まず、アトピー性皮膚炎に聞く乳酸菌というのがありますが、なぜその乳酸菌は効くと宣伝している一方で、巷で売っているヨーグルトは効果がないのか、よくわかりません。

 

さらに言うと、「腸内環境は自然に整う」でも記載しているのですが、その商品自体が悪くする要素となる添加物を含んでいることをわかっているのか、甚だ疑問です。

 

仮に、効果があるのなら、もっと安い値段で販売すればよいのに、なぜしないのか、正直理解できません。

 

保湿クリームもそうですが、よく皮膚のバリア機能が低下しているから保湿をさせることで肌のバリア機能が上がり、よくなるということをそれらしく言っていますが、そもそもこの時点でこの病気のことを何にも理解していないことがわかります。

 

皮膚のバリア機能が低下したから、発症したのではなく、発症したからバリア機能が低下したわけです。

 

仮に保湿をすることで、バリア機能が上がったとしても、治るわけもありません

 

なぜなら、バリア機能の低下はあくまで悪化の一つの要因であって、原因ではないからです。

 

経皮感作を抑えるためにも、保湿クリームを塗りましょうという方もいますが、それであれば、ワセリンで十分であり、根本さえよくなれば、皮膚のバリア機能が勝手にあがります。

 

化粧水も同じですね、人工で作られてようなよくわかない成分を大量に配合して、1個数千円で販売しているというのが、本当に困っている人の足元を見ているとしか思えず、すでに理解できません。

 

たまに、自分がこの病気に困っていた人が開発したとかいうサイトもありますが、「それなのに、同じ苦しみの人から暴利をむさぼるとは。。。」と思ってしまいます。

 

実際に、1個数千円で販売している石鹸など、本当に効果があるのか、もっと言えば、ここまでの値段で販売しないとだめなのか、まったくわかりません。

 

整体なんかでも、この病気がよくなるというサイトもありますが、一時的には解毒する作用が働きますが、毎日続けていたら、お金が続きません。

 

ちなみに鍼治療も一緒です、正直管理人も一度治療と思って鍼治療に行ったことがありますが、その鍼治療をしてくれる人がとてつもないアトピー性皮膚炎だったのを見て、これは効果がないと一人確信していました。

 

すべて効果がないとは言いませんが、こんな高価な方法は不要です!

 

ただ、逆に勘違いしないでほしいのが、今使っている合成洗剤や、添加物まみれの食品を食べている限り永遠によくなりません。
高額な商品は確かに要りませんが、体にとって良い自然由来のものや無添加となっているものは必要であり、少し値段が高く設定されているのも事実です。

 

無駄なものには、お金を払う必要はありませんが、必要で体にとっていいものには、お金は払うようにしてください。

 

これだけで、必ずよくすることができます。

 

<前頁(悪化因子はデタラメ)

 

 (無添加や天然由来に騙されない)次頁>

 

      このエントリーをはてなブックマークに追加