アトピーにカラメル色素はヤバい

カラメル色素って何?

 

食品表示を裏を見ていると、よく表示されています。
おそらく、家にある食品で2、3個を見てみると、どれかには必ず入っていると思います。

 

では、皆さんはこの言葉を聞くと、何をイメージするでしょうか。

 

多くの人は、茶色い液体を想像すると思いますし、砂糖を煮て、トロトロにしたものをイメージする人は多いです。

 

しかし、実際は、そういう作り方をしていないということを知っている人はどの程度いるのか。

 

実は、砂糖を煮詰めたものではなく、カラメル色素ともいわれ、多くの加工食品に使われています。

 

例えば、コーラ、ソース、プリン、コーヒー、アルコール飲料、黒ビール など、かなり多くの食品に添加物として使われています。

 

ここまで聞いても、何がまずいのかよくわからない人が多いと思います。
では、まずカラメル色素というものを、整理していきましょう

 

この色素は、大きく4種類あります。

 

それには、番号がついており、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳです。
なんか、番号がついてる時点で嫌な感じを受けますが、その通りです。

 

違いは以下の通りです。

 

Ⅰ・・・糖蜜または炭水化物を熱処理したもの。

 

Ⅱ・・・糖蜜または炭水化物に亜硫酸化合物を加えたもの

 

Ⅲ・・・糖蜜または炭水化物にアンモニウム化合物を加えたもの

 

Ⅳ・・・糖蜜または炭水化物に亜硫酸化合物およびアンモニウム化合物を加えたもの

 

ちなみに、IからⅣに向かうほど、危険度が増します。
つまり、Iが使われていれば、問題はないのですが、それ以外は確実にヤバい感じなわけです。

 

でも、実際に使っているのが何なのか、非常にきになりますよね?

 

答えから先にお伝えしたいと思います。
この中で、日本の食品で含まれているこの添加物は、Ⅲ、Ⅳの2種類です。

 

期待とは裏腹にヤバいやつが一般敵に使われているわけです。

 

なぜ、問題なのかというと、アンモニア化合物により生成されたものは毒性を持つため、一日の許容量を定められています。

 

なぜかというと、この方法の場合、THI(2-アセチル-4-テトラヒドロキシブチルイミダゾール)という物質が影響してきます。

 

名前をきくだけでも不気味ですが、まさに不気味を通り越す化合物なのです。

 

その効果は、「免疫抑制剤」としての効果を持っています。しかも、この不気味な物質は、発がん性を持っています。

 

これは、明確に示されたものであり、だれもが知っている(厳密にいうと、事実を知っている人しか知らないと思いますが)のですが、一定量であれ体に悪影響を及ぼさないという理由でそれを使った食品が普通に横行しているわけです。

 

一言でいうなれば、「毒物だけど、少しなら大丈夫」と言っているのと同じです。

 

この時点で、日本国家を疑いますし、医療費が増加しているという前に、こういう危険な物質を使わさないようにすればいいだろ!と感じています。

 

見た目をよくしてくれるため、食品の中に、入っていても、何も感じていない人たちに一つ例題を出してみたいと思います。

 

もし、ファミレスで出てきた料理に、ドクロマークがついた茶色い液体を5滴落とされたとして、皆さんは美味しいと言って、食べますか?

 

普通、店員に何考えているのか問いただし、店長にクレームを言い、ネットで拡散して大問題になるレベルですよね。

 

でも、同じ状況なのにも関わらず、コーラを美味しそうに飲んだり、プリンを美味しそうに食べているわけです。

 

頭が変になりそうですが、これが現実です。こういう毒物を使った食品をを販売している会社の商品を食べるのが
怖い限りではありますが、それを美味しいと食べている、だめな消費者がいるのも事実です。

 

何度も言いますが、添加物は体にとっては、異物です。

 

さらには、この色素は毒物です。この毒物を排除しようと、体は一生懸命なのに、親分であるあなたは、「おいしい」といって、
この色素の入ったコーラを飲み、おかきを食べているわけです。

 

簡単に言えば、あなたを守ってくれている体のハシゴを外しているわけです。

 

今日から、カラメル色素入りの食品はやめましょう!

 

自分の体を少しいたわってあげてください。

 

<前頁(人工甘味料は危険!)

 

(亜鉛で完治できる?)次頁>

 

      このエントリーをはてなブックマークに追加