アトピーの悪化因子はデタラメ

先ほどのページでも少し触れましたが、一般的にアトピーの悪化因子と呼ばれるものがあります。

 

確かに、これが出ることで痒くなることがありますが、因子自体と痒くなることがごちゃ混ぜになっているのが実態です。

 

一言でいえば、それっぽく書いているだけで、完治するためには、あまり気にする必要はありません。

 

<悪化因子といわれるもの>

・ダニ、ハウスダスト

・細菌

・花粉

・汗

・乾燥

・ストレス

 

など、数多くのものが因子として挙げられます。

 

私自身も、汗をかくときに痒くなることがありましたが、実際に困っている人は、こう思わないでしょうか。

 

汗とかストレスとか、防ぎようないでしょ!
ですよね!

 

確かに、汗やストレスで痒くなることがあります。

 

理由として、解毒がうまくいっていないため、排泄機関である皮膚から排泄しようとしたものがアトピー性皮膚炎なわけですが、体温が高温になると、そこから熱を発散させようとするため、痒くなるわけです。

 

そのため、熱を発散させる状態、体としては興奮している状態にするものは、因子となります。

 

つまり、言葉の問題かもしれませんが、汗そのものは因子ではありません。

 

やはり、多くの医学的見地を持っている人は、環境や外的要因からきていると思っているからこそ、外部刺激を抑えることが必要ですと論じているわけです。´

 

私に言わせてしまえば、内的要因さえきちんとすれば、因子なんていうのは、気にする必要はないことなわけです。まさに、木を見て森を見ずな状態であることかがわかります。

 

それをごちゃ混ぜにするから、あらゆる対策を講じないといけないと思い、患者が一体どうしたらいいのかわからなくなるわけです。

 

もし、今どうしたらよいかわからない人がいたら、「外的要因と内的要因」でも記載のとおり、皆さんが対処すべきは、内的要因であることを絶対に間違えないでください。

 

とはいいながら、一点だけ、管理人注意してほしいものがあります。
それは、ダニです。
確かに内的要因が主因ではありますが、ダニは実は関係性が高く、発症している人は、ダニアレルギーの人が多いのです。

 

なので、ストレスや、汗などの外的要因が気にする必要がありませんが、ダニについては、注意してほしいのです。
これについては、後程登場しますので、じっくり読み進めてください。

 

<前頁(アトピー外的内的要因)

 

(高価な販売商品の真実)次頁>

 

      このエントリーをはてなブックマークに追加