酸化防止剤は体に悪いのか?

物質名 危険度 特性
亜硫酸塩 危険 肝機能低下
EDTA-Ca-Na 危険
EDTA-Na 危険
エリソルビン酸 危険
BHA かなり危険 発がん性
BHT 危険 染色体異常
ビタミンC 危険なし
ビタミンE 危険なし
食子酸プロピル 危険

 

酸化防止剤とは、どのような物質なのでしょうか。
一番多く言われているものは、ワインに含まれている亜硫酸塩です。
一般的には、肝臓に影響があるだけでなく頭痛や胃痛の原因になるといわれています。

 

そもそも、亜硫酸塩はなぜ使われるのか。

 

それは、雑菌の繁殖を防ぎ、発酵を防いでくれたりするために使われています。一見、よいことのように聞こえますが、発酵は最近が増殖して起こるため、亜硫酸塩の下では、生き物は生きづらいということを表すことになります。

 

これが体の中に、入って、人間にとって良いかどうかは、考えなくてもわかると思います。

 

EDTAも同じく発がん性を持っており、かなり危険な化合物です。しかし、問題があると認識がある方はほとんどいません。

 

特に、酸化防止剤は一括表示されているため、ビタミンが入っているのか、いないのか、どのような物質がどの程度発生させているのががわからないため、知らない間に有害物質を摂取している可能性があります。

 

酸化防止剤を見かけたら、十分注意するようにしてください。

<前頁(食品添加物(香料))

 

(食品添加物(膨張剤))次頁>

 

      このエントリーをはてなブックマークに追加